第9回ひなんピング『キャンピングカーキャラバン』@世田谷区 無事終了しました

キャンピングカーと備中国分寺@総社市

開催概要

医ケア児家族の一時避難所として活用していただけるか実際に、キャンピングカーを見ていただきます。

開催日:2021年11月26日(金)

時 間:15時30分~17時頃 ※出入り自由

場 所:国立成育医療センター 駐車場 東京都世田谷区大蔵2-10-1

※場所をお借りするだけですので、直接医療センターへのお問い合わせはお控えください。

内 容:キャンピングカーの見学会

参加費:無料

申 込:特になし ※密を避けるため少しお待ちいただきます。

問合せ:NPO法人輝くママ支援ネットワークぱらママ事務局 086-238-8037(平土日祝日9時~18時)

日頃からの備えが一番大切!避難先も準備をしておきましょう。

まずは、家族だけで避難できるように日頃からの備えが大切です。

とは言え、医療機器や防災品などを手に持って避難するのは大変です。

在宅避難用の「備蓄」と自宅外避難用の「持出品」も備える内容が違いますよね。

また、避難する場所も事前に下見をしたり、実際に自宅から移動してみたり、備えておきたいですよね。
その備えの一つとして、移動式避難所「キャンピングカー」を活用していただきたいと思います。

実際に、見ていただいて、避難できるかどうか、最低何を用意しておかないといけないのか、シミュレーションをしてみてください。

過去のキャンピングカーキャラバン

トヨタ自動車のプラグインハイブリッド車「プリウス PHV」とキャンピングカーの連結実証をしました。キャンピングカーの横に来てくれたら百人力です!
キャンピングカー見学会&PHV連結実証を実施

非常食を作ってみました!意外にもおいしく、お子様も食事を楽しめるレシピでした。
『元陸上自衛隊看護師と一緒に防災食を作って食べてみよう!』

備蓄と持ち出し品は別物です。バッグに入れて避難するときに最低限必要なものを選びます。普段からバッグに入れておくと慌てなくていいですね。
『防災士と一緒に防災バッグの中身をチェック!水って必要??』

在宅ケアで実際に使う医療機器をキャンピングカーに標準装備されているサブバッテリーにつなぎ、車内に定点カメラを設置し、動作確認を行い、稼働可能時間を算出しました。
『医療機器接続実証』

資料やメーカーの説明サイトはたくさんあるのですが、実際に使ってみた感覚値がわかりません。
持ち運べる重さなの?音がうるさくない?匂いはしないの?などなど。実際に使ってみました!
『発電機と蓄電池を実際に使ってみた!』 

「ひなんピング」とは?

キャンピングカーで医療的ケアが必要な子ども家族の避難アシスト事業「ひなんピング」
※医療的ケアが必要な子=生きるために日常的な医療的ケアと医療機器(気管切開部の管理,人工呼吸器の管理,吸引,在宅酸素療法等)が必要な子

「ひなんピング」の2つのプロジェクト

PJ①
災害時に医ケア児家族の一時避難所として「キャンピングカー」と「医療従事者」をマッチングさせる避難アシスト事業

PJ②
楽しく避難体験ができるアウトドアイベント

医療的ケアが必要な子どもの家族(医ケア児家族)の避難アシスト事業『ひなんピング』を進めています。初年度は、岡山大学、キャンピングカー事業者、医師・看護師ネットワーク、当団体4者が協働し、移動式避難所であるキャンピングカーと医ケア児家族のマッチングシステムの実証を行います。

医療的ケアが必要な子どもの避難アシストシステム ひなんピング

公益財団法人日本財団の助成を受け、本事業を行っています。