toggle
ママ力・主婦力・女性力を社会のために。

【ご案内】「ママのための心と身体サポート」事業

ママの健康は家族の健康!!

自分の身体のことを後回しにしていませんか?

ついついがんばり過ぎていませんか?

しんどい時は「しんどい」って素直に言えていますか?

そして、健康について考えていますか?

「妊婦健診が終わって以来、自分の健診に行っていない」

「健康が気になるけれど、病院に行くきっかけがない」

「子どもがもう少し手が離れたら・・・」

「私は元気だから大丈夫」

と思っていませんか?

気になる年代!?ママの健康と家族の健康

女性特有のがんである子宮頸がんは、

最近は20~30歳代の若い女性に 増えてきており、

30歳代後半がピークとなっています。

(引用元:公益社団法人 日本産科婦人科学会HP)

 

乳がんは 30歳代から増加をはじめ、 40歳代後半から50歳代前半で

ピークを迎え、 その後は次第に減少します。

(引用元:国立がん研究センター がん情報サービスHP)

 

どちらも、ちょうどママの年代でかかる人が多いのです。

「若いから」「今、元気だから」と油断はできません。

がんではなくても生活習慣病は自覚症状がないまま進行してしまうこともあります。
岡山は他の地域と比べると医療の面では充実しているようにも思えます。

ですが手遅れになる前に、 早期発見・早期治療が大切です。

そして、ママとしては家族の健康も気になりますね。
家族は同じものを食べたり、同じ空間の中で生活したりしています。

そうすると自然と食習慣や生活習慣が似てきますよね?
その食習慣や生活習慣の基盤を作っているのはママが多いのではないでしょうか。

つまり、

ママの健康意識が高まると家族みんなも健康に

なっていくのです。

「ママの健康は家族の健康」です。

 

まずはママから!

そのためにも、自分の身体を知ることから。


ぱらママでは、

託児カー出動により、
小さいお子さんをお持ちのママにも
積極的に受診していただけるようご協力させていただいています。

健康診断をおススメする講座やイベントも随時開催中

【募集中講座】

【ママの健康推進事業】健康診断を受けよう!~徹底解説&相談会~