猫背にさよなら!1回3分でできる!おすすめのストレッチ~背中編~

皆さんは、不意に撮られた写真や鏡に映る自分の姿を見てびっくりされたことはありますか?

  え、私ってこんなに猫背だったの・・・

  そういえば肩も凝るし、腰も痛い。

  これって猫背のせい・・・?

猫背の人は、ほぼみなさん背中がガチガチに固まってしまってます。

さらに、ゆがんだ姿勢は、実年齢よりも見た目年齢がぐっと老けて見えてしまいます。

今回は毎日の習慣にしたい簡単なストレッチを2つ紹介します。

1回3分あればできるストレッチなので、空いた時間にちょこっとできます。

猫背が気になる方は、早速チャレンジしてみましょう!

猫背の原因って?

そもそも猫背になる原因はなんでしょうか。

答えは一つではありません。

普段の姿勢・筋力の低下・疲労・生活習慣など様々です。

特に、スマホやパソコンを見る時、つい猫背になっている人はいませんか?

デスクワーク中心のお仕事されている方は要注意です。

知らないうちに姿勢がゆがんでしまうことで、重い肩こりの原因にもなります。

  とにかくなんとかしたい!とにかくよい姿勢を心がけよう!

そんな風に思いがちですが、残念ながらそれだけでは改善の道のりは程遠いです。

子どもに「よい姿勢をしなさい!」とついつい言ってしまいますが、

実は意識下で治るような単純なものではありません。

身体は全身つながっているので、これだけすればいいということはありませんが

できることを無理なく日常に取り入れていきましょう!

ストレッチで身体をゆるめよう

背骨の周りの筋肉には、上半身を真っ直ぐ起こした状態でキープさせる役割があります。

しかし、猫背の人はこの筋肉がきちんと使われていない可能性が高いです。

しっかり背骨を動かすストレッチをして、凝り固まった筋肉をほぐしましょう。

  • 背骨伸展のストレッチ

まずは四つん這いになり、頭を上に持ち上げながら、ゆっくり背中を反らせていきます。

息をゆっくり吐きながら5秒数えます。

次に頭をおろしながら背中を丸めていきます。

おへそをのぞきこむようにしながら、できるだけ背中を丸めて、トンネルを高くしていきましょう。

もう限界!というとこまできたら、息をゆっくり吐きながら5秒数えます。

これを5セット繰り返します。

  • 背骨回旋のストレッチ

次に、四つん這いの姿勢から右手を離し、右腕を伸ばしたままゆっくり身体を右にひねります。

目線は右手の先を追います。

その時バランスが悪くなると思うので、左手の位置を身体の中心かやや右寄りに動かしてください。

5秒数えたらゆっくり元の四つん這いに戻ります。

左も同様に、先に右手の位置を調節してからゆっくり左腕を伸ばしながら左に身体をひねります。

こちらも5セット繰り返します。

お腹のみぞおちの辺りや脇腹がつりそうな感覚があるのは、効いている証拠です!

動くようになるにつれて、つる感覚はなくなっていきます。

無理のない範囲で、続けてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は毎日の習慣にしたい簡単なストレッチを2つ紹介しました。

1回3分あればできるストレッチなので、テレビのCM中やお料理の待ち時間を有効活用して是非チャレンジしてみてください。

猫背にさよならして、見た目も心も若々しくなりましょう^^