toggle
ママ力・主婦力・女性力を社会のために。
2019-03-19

ママ、仕事を始めます!在宅ワークを選んだ私の仕事探し体験記 エピソード5

岡山の仕事探し中のママさん、

そして、働こうか迷っているママさん、

こんにちは!

 

ぱらママメイツのライターいなみんです。

※ぱらママメイツとは…ぱらママを中心として、それぞれの得意や能力を活かして活動するママたちのことです。

 

いきなりですが、

あなたは何のために仕事をしますか?

 

私は長女の妊娠をきっかけに

それまでの仕事をやめて

専業主婦になりました。

 

3人の子どもを産み、

この度、在宅ワークを始めて

考えることがあります。

 

5回シリーズでお送りしてきました、

私が仕事探しを始めてから

実際に働き始めるまでのお話、

 

最終回の今回は

私は何のために仕事をするのか?

です。

初めて請求書を作って考えたこと

 

先日、初めて「請求書」というものを

作りました。

 

自分が書いた文章の

原稿料をいただくためです。

 

会社員として働いていた時は、

お給料日になると

「いつの間にか」お金が

振り込まれているという感覚でした。

 

ですが、今は違います。

請求書を送ってはじめて、

お金が振り込まれるのです。

 

もちろん、仕事を始めるときに

原稿料の契約はしていましたが、

 

「請求する金額」を

自分で書き込むことで

ズシンと重みを感じました。

 

自分はこの金額に見合った仕事を

できただろうか?

と振り返るきっかけに

なりました。

 

 

私は何のために仕事をしているの?

 

原稿料に見合った仕事ができたか

振り返って考えたとき、

私は何のために仕事をするのか?

あらためて考えました。

 

もちろん、

今の生活や将来のために

収入を得たいというのも

あります。

 

ですがそれだけでは

ありません。

 

私が受けたライター養成講座の中で

「ライターになって何をしたいのか?」を

尋ねられました。

 

そのとき私は

「誰かの役に立ちたい」と

答えました。

 

私はこれまで、

長女を妊娠する前までに

販売と秘書の仕事を

したことがあります。

 

その中で、

 

販売の時は

お客様に「いい買い物をした」と

思ってもらいたい。

 

秘書の時は

上司に自分の本来の仕事に

集中してもらいたい。

 

と、考えて仕事をしていました。

 

私にとって仕事とは

書いて字のごとく

「仕える事」

であり、

 

「自分にできることを一生懸命にやって

人の役に立つ」ために

仕事をするんだ!

と気がつきました。

 

今、仕事をしていると

 

子どもの夜泣きで

集中力が途切れたり

 

いい表現が思いつかなかったり

 

思うように進まないこともあります。

 

でも

何のために仕事をするのか?

に気がついてからは

 

私が書いた文章を読んでくださる

岡山のママたちの役に立てるような

いい仕事がしたい!と

 

ますます、がんばれるような

気がしてきました。

 

 

 

まとめ

 

仕事探しをするとき

ついつい

待遇面や条件面に

目がいってしまいます。

 

もちろん

それもすごく大事なことだと思います。

 

 

ですが、一度

「何のために仕事をするのか?」

を考えてみてください。

 

そうすると

どんな仕事をしたいか

が見えてきます。

 

そして、

「誰のために仕事をするのか?」

を考えてみてください。

 

やりたい仕事をやるのだとしたら、

それは家族のためでしょうか?

それとも、自分のためでしょうか?

 

家族のことを大切に考えれば考えるほど、

ママにとって「自分」という存在は遠くなり、

「私は」どうしたいのかが

分からなくなってしまうのかもしれません。

 

 

大切なのは、

「あなたが」どう考えるか、です。

 

 

ぱらママのセミナーでは、

 

●「自分」の価値観を知る

●「自分」の人生を見える化する

●「自分」の夢を叶えるためにはどうするかを考える

 

など、「自分」を知るためのワークをしています。

 

ワークを通して自分を知ると、

これからどうしていきたいのかが

見えてきます。

 

 

私も、ライター養成講座の中で

先生から尋ねられて初めて

 

「自分は人の役に立つために仕事がしたい」

のだと気がつきました。

 

自分では分からないことでも、

誰かにヒントをもらうと

あっさり気づく

こともあります。

 

 

ぱらママのセミナーには、

あなたと同じ、

「忘れてしまった自分」を

取り戻したいママが集まります。

 

孤独に一人で考えるのではなく、

同じ想いを持った仲間と一緒に

「自分」と向き合ってみませんか?

 

一人では気づけなかったことでも、

仲間と一緒に

ワイワイ楽しくワークをやるうちに、

 

誰かの言葉をきっかけに

新しい発見があるかもしれません。

 

ぜひ、ぱらママのセミナーに

参加してみてくださいね。

 

きっと、得るものがあるはずです。

望む未来に向かって、

まずは一歩、踏み出しましょう!!

 

 

 

 

 

***お知らせ***

ぱらママでは

「ママの働き方研究所」という

フェイスブックグループを

運営しています。

 

社会復帰に向けて動いている

ママたちを中心に、

 

「ママの働き方」を

ぱらママといっしょに

研究していきましょう。

時にはリアルなお茶会もしながら、

情報交換、スキルアップ講座、

相談会なども企画します。

「一人ではできないことも、

みんなでやれば叶います!」

ぜひ、下のバナーをクリックして

ご参加ください!

 

ママの働き方研究所


https://www.facebook.com/groups/918559105021318/?ref=bookmarks

関連記事