第8回楽しく防災キャンプ『ひなんピング』開催しました!

防災キャンプイベントはみんなの笑顔がサイコーです!楽しかったね~

楽しむ!つながる!「防災啓発」キャンプイベント

第8回開催概要

開催日:2021年11月23日(火・祝日)

時 間:10時~15時頃 ※出入り自由

場 所:吉井竜天オートキャンプ場 赤磐市中勢実2682 

内 容:
✅防災士おススメ防災グッズを実際に使ってみよう!非常食を食べてみよう!
✅看護師おススメ医商品グッズはこれ!
✅みんなでバーベキュー!
✅キャンピングカーがやってくる!

いざという時の備えは家族の意識から!

実際に使ってみよう!食べてみよう!
ということで、災害看護師と防災士から、いろいろなグッズや非常食を紹介していただきました。

フリーズドライがおススメ!とのこと。
食欲がなくても好きなモノなら食べられることもあるため、甘いモノやお菓子も常備しておくと良いそうです。
また、熱に強いポリ袋があれば、器具を使わなくても簡単な調理ができます。

平時に食べてみて、好きなモノ、おいしかったモノを常備して保存しておきましょう。
災害時に慌てないように、調理方法も確認しておくと安心ですね。

みんなでワイワイ、でも真剣に耳を傾けていらっしゃいました。
「イベントの帰りに100均で買いそろえました!」
という方も。

☆以前に開催したイベントのレポート
『防災士と一緒に防災バッグの中身をチェック!水って必要??』
『元陸上自衛隊看護師と一緒に防災食を作って食べてみよう!』

兄弟姉妹は保育士さんと楽しく安全に遊ぶ、防災キャンプ

キャンピングカーの車内は子どもの秘密基地!

兄弟姉妹は保育士にお任せ!
自然の中では子どもたちも自然に打ち解け、仲良く遊べます。

大人たちもね!
家族ごとに肉や野菜、白米を分けていたのですが、
焼き始めると「もう一緒に焼いちゃおう!」「みんなで食べよう!」ってなりました。

牛肉、手羽先、ウインナーのほか、各自持ち寄った野菜や変わり種で焼きそばなど。
せっかくなのでビールいただきたかったですね!!

焼ミカン、焼マシュマロ、ポップコーン、焼くと甘みが増します。

楽しく防災キャンプでキャンピングカー体験

実際に泊まってみました

キャンピングカーが家族の避難場所として活用できるか?
広さや動線はどんな感じ?
車内で寝ることができる?

など、実際に泊まってみていただきました。

エンジンを切っても使えるFFヒーターのおかげで車内は暖かいんです。

一時避難所として、家族で避難できるのですが、全員をカバーすることはできません。
現状、間口が狭いので、バギーごとは無理です。
抱きかかえてご乗車いただきます。

キャンピングカーで車中泊避難は、

何ができて何ができないのか?
どんな方を対象とするか?

など、今後詰めて行けたらと思います。

バギーのまま乗車できるオリジナルキャンピングカーを作る計画をお持ちの方もいらっしゃいました。
キャンピングカーを扱うプロとして、相談に乗らせていただければと思います。

今後の展開にご期待ください!!

まずは、楽しく防災キャンプですね(^^♪
次回は、気候の良い春にできるかなあ・・・