女厄年32歳からの体調の変化・体調不良とは?

32歳はまだまだ若いし、病気リスクは低いと思っている岡山のママ~~
女性の本厄ですよ!

厄年は、決して都市伝説ではありません。

女性の大厄年は33歳(数え年)と言われています。
次にやってくる37歳の厄年を含めると、
なんと女性の30代はほぼ厄年なんです。

これから働きたい!
今後も働き続けたい!


と思うならまずは自分の体と向き合いましょう!

32歳の大厄!体調の変化にご注意!

やっぱり20代は若い!

20代までは若さで乗り切れることがあります。

食べ物に気を使わなくても、
少々仕事で無理しても、

若さと言う武器で何とでもなってきました。

朝まで飲んで、次の日普通に会社に行ったり、
バレーボールのアタックやレシーブも頭で思い描いた通りに動けたり、

頭と体と心のバランスが一番取れている時期です。
(※個人の経験にもとづいた見解です)

30代は人生の転換期

出産と言う大役を果たしたママにとっては、
も大きな変化があると思います。

食べ物の好みだって変わりますよね。

自分の体なのに、
中で何が起こっているのかわからないことだらけです。

妊娠~出産・産後には、
仕事のやり方や仕事に対する考え方も変わりませんか?

そんないろいろな変化をひっくるめて、
30代は人生の転機と言えますよね。

40代に備える

40歳になるとホルモンバランスの乱れ、新陳代謝の低下、30代とは違う病気のリスクなど、
30代とは違ったことに気を配る必要が出てきます。

40代後半からは自分の人生を真剣に考え始めると思います。

スタッフブログ『48歳年女が向き合う自分って?』→https://paramama.jp/blog/2021/03/31/48/

病気のリスクアップ!

乳がん

日本人の死亡原因のトップ5「5大がん」と言われているがんの一つです。

出産後6か月から受診可能です。
授乳中であれば、レントゲン(マンモグラフィー)はパスして、
超音波検査だけでもOK。

子宮がん

ずばり、32歳から病気のリスクが高くなります。
その代表的なのが「子宮頸がん」です。

国や自治体は、20歳からの子宮がん検診をススメていますね。

※子宮頸がん
原因:性行為によるヒトパピローマウイルス(HPV)感染によって起こる。
ピーク:30~40代 

※子宮体がん
原因:女性ホルモンの乱れによって起こる。
ピーク:50代

倉敷成人病センター http://www.fkmc.or.jp/ninyo/
FineGraphicsさんによる写真ACからの写真 

自分の体と心を知ることから!

年に一度の健康チェックを!

32歳本厄を迎える記念として、健康診断やがん検診をおススメします。

1人だけの体ではないはずです。
ママが健康だから、家族が健康でいられるんです!

健康だから受診するのが「健康診断」です。
疑いを持って悪い所がないか診てもらうのが「がん検診」、いわゆる人間ドックです。

私は病気じゃないから!
と言っているママ!

家族のためにも受診しましょうね(^^♪

岡山市のママなら、
子宮がん検診は6月~12月まで、2,220円で受診できます。
岡山市HP → https://www.city.okayama.jp/kurashi/0000013853.html
乳がん検診は30代までは自費になりますので、医療機関にお問い合わせください。

どんなことをするのか不安なママの参考になればうれしいです。
↓↓↓↓

実際に健康診断とがん検診に行ったぱらママメイツのレポートです。
『健康診断レポート~ママの健康は家族の健康~』

https://paramama.jp/blog/2019/09/04/kenshin/

人生100年時代!自分らしく長く働き続けるには・・・

まずは、自分を知るコトから!

✅なぜ働きたい?
✅誰のために働く?
✅何ができる?

自分で自分を知り、年齢や体力、人生設計に合った働き方に出会うためにとても重要なことです。
今はいろいろな働き方ができますよね。

ぱらママでは、いろいろな働き方が実現できます!
現在募集中のお仕事情報はこちら→https://paramama.jp/blog/category/work_mama/job/

ママの健康は家族の健康!
ママの笑顔は家族の笑顔!

まずは、
自分の体と心に向き合って、
自分を知るコトから
です!